カイセイラボの速読とは?

初めての方も安心!誰でも楽しく伸びる!

初めて受験速読を試みた中学1年生と中学3年生の7名の方に受験速読の初回のトレーニングを実施した記録があります。

順に説明を加えながら時間の経過をご紹介しています。

原稿用紙1枚を1秒!

受験速読とは速読という技能を通して受験に必要な語彙力・集中力・記憶力・情報処理能力を飛躍的に高めるカイセイラボ独自のメソッドです。

 

そして一人ひとりをシステマティックに完全個別指導しながら短期間(12~18ヶ月)で150~300冊の本を読破するコースです。

受験速読は他の速読とはぜんぜん違う!

最近ではテレビや新聞でも取り上げられることが多くなってきた「速読」ですが、実際に本を読むことなくパソコンの画面上だけでトレーニングを行うメソッドも多く見られます。

 

「速読」とは正に「速く本を読むこと」です。カイセイラボの受験速読は初回から実際に本を読んでトレーニングを行います。指や耳の感覚と視覚情報(文字・絵・表・グラフなど)を連動したトレーニングを行うことで半年後には驚異的な速さ(分速数万~数十万字)で本を読むことができるようになっています。

高校生でも小学校低学年レベルから開始します

カイセイラボでは大量の読書によって大量の語いを身につけてもらうわけですが、そのトレーニングはたとえ高校生であっても辞書を引くことなく100%理解できる小学低学年レベルからスタートします。

 

そして少しずつレベルを上げることで、誰でも無理なく語彙数を増やしていくことが可能になります。少なくとも8ヶ月目以降では100~250冊の本を読んでいただくことになります。

 

受験速読は圧倒的な読書スピードを持っている子ども達だからこそできる大量本読みトレーニングなのです。